浮気調査

浮気・不倫証拠調査・相談 興信所おすすめ

 

 

 

 

不倫の追跡調査を探偵業者に依頼するにしても、それにかかるコストはもっとも気にかかる問題でしょう。最近の探偵社の多くが、相談までは無料というシステムをとっており、料金面での不安はなくなりました。
強引な勧誘や詐欺まがいの業者に遭うのが心配なら、相手の会社ではなく、表通りにある喫茶店など人の多いところで懇談するのも良いと思います。違法な勧誘を未然に防ぐことができます。

 

パートナーの不倫が元で離婚するときに揉めて、とうとう家裁での離婚調停となることは、けして珍しいことではありません。

 

 

 

調停の場では家事調停委員を間に入れて裁判所内で協議が行われるため、どちらかが怖がったり渋ったりしている場合でも比較的円満に話し合いが進められるというメリットがあります。普段どおりのあなたのままで大丈夫です。普通の仕事への対価と比べると、探偵業者に不倫の証拠押さえを依頼する代金というのは、高いように思う人が多いようです。
ただ、安さで依頼したところで裏付けがとれなかったり、相手に調査がバレてしまったりしたら、時間とお金の無駄遣いですよね。大事なのは調査の能力の高さですが、高額な代金を請求するところが必ずしも調査能力が高いわけではないのが素人目には判断がつきかねます。

 

たとえ出来心でも浮気をしてしまったら、向こうの奥様が慰謝料の請求を内容証明郵便で送ってくること事体、ありえないことではありません。
気になるのがその金額ですが、先方夫妻が結婚を継続するか否かで変わってくるものです。

 

 

離婚「しそうになった」からといって一般的ではない多額の慰謝料を要求された際は、弁護士に連絡し、妥当性の有無や今後のことを教えてもらうべきです。

 

探偵社への依頼の仕方は、まずは先に電話をかけます。
心配なら非表示でかけるのもOKです。実際に相談員と話して、もっと詳しい話をしてもいいと判断したら、事業所へ行くという運びになります。

 

 

打ち合わせが済んで、依頼することを決めたら契約を締結し、そこでようやく、調査が始まります。

 

 

 

 

 

 

 

原一探偵事務所

 

 

 

 

 

◎43年の調査実績・解決実績100,000件以上 探偵業界最大手の原一探偵事務所◎

 

 

 

「浮気調査」 「人探し」 「ストーカー対策」 「いじめ調査」 などを扱う総合探偵社

 

 

 

探偵業界で日本最大級の調査員数!社員数100名以上
(10年以上のベテラン調査員が多数在籍)

 

 

 

東京都弁護士協同組合の特約店
(※法廷では法律に違反した証拠は証拠としてみなされません)

 

 

 

全国主要都市に18拠点の全国ネットワーク

 

 

本社・川越

 

 

札幌・仙台・水戸・高崎・千葉・大宮(埼玉)・日本橋・新宿 (東京)・横浜・静岡・名古屋・大阪・神戸・岡山・松山・広島・福岡

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

原一探偵事務所 詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

https://www.haraichi.co.jp/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

街角相談所 -探偵-

 

 

 

 

 

 

初めての探偵探しに不安な方も匿名で費用見積もり

 

 

 

 

 

最初から探偵社・興信所への問い合わせに不安のある方へおすすめ

 

 

 

 

 

全国100社の興信所よりお悩みに合わせた探偵を紹介

 

 

 

 

 

他社のお見積もりより安い探偵を見つけるお手伝いも可能

 

 

 

 

 

 

 

 

浮気診断シミュレーター・匿名相談 詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

http://hello-tantei.com/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

HAL探偵社

 

 

 

 

 

 

ネットでできる・完全無料の浮気解決シュミレーターが好評のHAL探偵社

 

 

 

 

全国無料出張・即日対応も可能

 

 

 

 

 

 

業界初の完全成功報酬・後払い支払 (初期費用0円)

 

 

 

 

 

 

相談料0円・匿名OK

 

 

 

 

 

 

調査完了後最短3日で証拠資料のお渡しも可能

 

 

 

 

 

 

 

 

HAL探偵社 詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

https://hal-tanteisya.com/

 

 

 

 

 

 

 

 

総合探偵社TS

 

 

 

 

 

 

浮気調査・人探し・いじめ調査などを扱う総合探偵社TS

 

 

 

 

TSの強みは・・・・・・

 

 

 

 

 

◎24時間365日 無料相談・見積受付

 

 

 

 

 

◎北海道〜沖縄まで全国対応

 

 

 

 

 

◎安心の料金設定(分割払い、カード払い可)
独自の調査料金体系を導入。調査は1時間単位から依頼することが可能

 

 

 

 

 

 

◎法律専門家の起用・警察OBも在籍

 

 

 

 

 

 

夫婦カウンセラーの資格を持つ調査員が、離婚あるいは復縁までご依頼者様のお考えをお聞きし
適切なアドバイス

 

 

 

 

 

 

 

 

総合探偵社TS 詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

ISM探偵事務所

 

 

 

 

 

 

◎全国対応可能

 

 

独自のネットワークにより、北海道から沖縄まで全国で調査可能

 

遠方にお住まいの方も対応可

 

 

 

 

◎相談だけでOK

 

 

 

 

◎現場で経験を積んだ調査員

 

対応する調査員は当社の探偵学校で基礎を学び実践経験のあるスタッフ在住

 

探偵に必要な撮影技術や尾行術といったスキル・法律の知識にも精通

 

 

 

 

 

 

 

ISM探偵事務所  詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

探偵に浮気調査を依頼する際、調査料金は探偵会社によって幅があります。安易に一社に絞り込まず、契約前にいくつかの会社で見積書を提示してもらうことが、後悔のない会社選びに繋がると思います。

 

 

それから、調査対象者となる人の交友関係や行き先などについて、データとして用意するか、メモなどで整理しておくと、探偵が調査に着手するときの前準備が省けるので、請求額も安くつくでしょうし、調査の出来不出来にも影響してきます。興信所や探偵社に不倫の調査を依頼するなら、どんな目的でどのような調査をしてほしいか決め、事前によく話し合っておくことが重要です。

 

パートナーの不倫に歯止めをかければ済むのか、離婚裁判を念頭に置いた不倫の証拠収集が目的なのかこのくらいは最低限、区別できるようにしておきたいですね。その希望次第で探偵の調査内容に違いが出てくるわけですから、大事なことです。

 

もし配偶者の浮気を見つけてしまっても、騒ぎ立てず、取り敢えずマズイ対応をしてしまわないためにも、気を鎮めることを優先しましょう。

 

もしあなたが相手の不倫を赦すことができないなら、離婚だの慰謝料だのも考慮していかなければなりません。

 

一人で考えても埒が明かないので、二人で会って、これから先どうしていくか相談することをおすすめします。

 

 

 

先週、夫の不倫が発覚したんですが、やりもやったりで、一時の気の迷いなんかではなく、まさに芋づる式でした。

 

それも私と結婚する前から、相手も複数。
常習だったんですね。
根掘り葉掘り問いただす気はありませんが、浮気は男の甲斐性ですか。

 

 

それってこんなにも直らないなんてあるんでしょうか。
あんな人と人生の伴侶としてやっていく自信もまったくないですし、いいかげん別れるしかないでしょう。探偵がしている仕事(行動)として、誰かの後をつける尾行を連想する人は多いです。

 

密偵という言葉があるように、相手に気づかれずに後を追って、不倫等の証拠を押さえることです。察知されることが極めて少ないよう訓練されていますが、尾行する人間は相手の行動を冷静に予測しておかなければなりません。

 

 

 

想定外の行動をとったから失敗したでは済まされないのが、探偵の仕事です。
興信所や探偵選びで迷ったら、まずは大手や中小にこだわらず、地域を意識して、ネットで調べてみれば一目瞭然です。クチコミなども参考にして選んだら、最寄りの営業所か代表電話に電話して、話してみると良いでしょう。現場の人と話をしてみないことには、信頼できる探偵社かどうかわからないです。

 

 

電話番号を非表示にしてかけることもできるのですから、まずは電話です。当事者としては悪気はなくても、不貞行為には違いないのですから、その対価は高くて当然です。

 

とはいえ浮気された側がどういう態度に出るかで変わってくるとは思いますが、家庭が滅茶苦茶になったり、慰藉料を請求されることだってあります。

 

 

 

不倫はバレたら最後。一般的な幸福や信用、金銭など多くのものを犠牲にして償わなければいけないのです。浮気の定義は、個々の道徳意識によって異なると思います。
たとえ仕事上の付き合いでも女性と親しくしたら浮気だとか、身体的な接触が少しでもあれば浮気と感じる人もいます。不倫は民法でいう離婚事由であり、性交渉を持つと不貞ということになります。しかし、穏やかな生活を送ろうと思ったら、夫婦間では不倫を疑われるようなことは、しないほうが良いです。

 

世間では男の浮気に泣く女性というイメージが強いですが、浮気するのは男だけと思ったら大間違いです。

 

 

 

スポーツや自治会、子供関連と、女性だって人と会う機会は多く、既婚の方がそれ以上発展しないから安心という超越した意見もある位で、既婚女性の浮気なんて珍しくもないのでしょう。近年、浮気する女性の数も増加傾向にあり、探偵事務所に相談に訪れる男性も珍しくもなくなってきました。
浮気は不思議なもので、なぜかまた繰り返してしまうという例も少なくないようです。
浮気が発覚して、謝って一時的に大人しくなるのですが、裏では不倫相手と会うチャンスを狙っている可能性はおおいにあります。言動から怪しさを感じ取るようなことがあれば、調査を探偵社に依頼して、不倫相手との交際がはっきりわかるような証拠を握って、懲らしめてやるといいでしょう。

 

 

探偵業者を使って浮気調査をするなら、最低限、相場というものは知識として身に着けておきましょう。

 

 

個人情報を元に違法な請求をふっかけてくる事業者もあるので、身を守るためでもあります。それから、相場より明らかに安価な料金を謳いながら、よくわからない諸経費や天候割増など、割高な支払いを要求されることもあるので、あらかじめ料金については、しっかりチェックしておかなければなりません。

 

探偵社の仕事を便利屋に頼めば安くつく。
こう考えたあなた、歴然とした法律上の違いがあるので今一度ご理解いただきたいと思います。便利屋といった職業は所轄する官庁がないのに対し、探偵業は個人であろうと法人であろうと、探偵業法の規定通りに、公安委員会に開業届を含む書類一式を提出し、探偵業届出証明書の交付を受けなければ営業することはできません。きちんとした法律に定められているくらい専門的な仕事をこなすのが探偵社です。浮気調査はとてもプライベートなことですから、相手が探偵社でも個人に関する情報を安易に知らせたくないという人も少なくないでしょう。
相談して仮見積りを出すところまでは個人情報はなくても大丈夫な会社も増えていますから安心してください。ただ、仕事として依頼する際は契約や詳細説明は必須ですから、必要な個人情報の記入は不可避です。
興信所に頼んでも結果が出ない場合がありますが、例えば浮気調査で期間内に調査対象にそういった行動が見られないという案件です。ただ、調査員の調査能力が不足していることにより、満足な結果が出せないときもあるわけで、自分が選んだ探偵業者の方針や利用者評価等を先に調べておくのが大事です。それから、相談時に説明を怠らないことが結果を左右するのはいうまでもありません。

 

浮気調査を探偵に依頼する際、調査にかかる費用というのは、実に気になるところだと思います。

 

 

 

最近の探偵社の多くが、相談までは無料というシステムをとっており、適正な説明と見積りなしには契約に至らないので、大丈夫です。

 

信頼できるかどうかも分からないし、一人で行くのは怖いという人は、むこうの事務所の代わりに、人の出入りが多いファミレスやカフェで打ち合わせさせてもらうのも手です。
契約の強要といった事態の防止にもなるので安心です。探偵は相談を受け付けますが、話をするのが仕事ではありませんので、代金を支払った上で仕事を依頼することになります。

 

 

 

もちろん、依頼はオーダーメイドですから、調査ごとに支払い額が変わってきます。
素行調査ひとつとっても、所要時間というものがあります。ほかにも時間帯や日にちをどう設定するかで料金に差異が出てきますので、普通に考えて、長時間となる作業なら、必然的に費用は多くなります。

 

 

パートナーの不倫が露見したら、落ち着けと言われても無理かもしれません。
ただ、気持ちが鎮まったら、その不貞行為へどう対処するかを考えるべきです。浮気なんていうものは、道義上許されない行為です。メンタル的には埋め合わせをすることはできないでしょうけれど、これまでの精神的な苦労への慰謝料は、しっかり支払ってもらうべきです。

 

調査費用の支払いは、探偵社の場合は現金オンリーかというと、最近は結構多様化してきていて、老舗探偵社や興信所大手などでは、クレジットカードでの決済に対応しています。

 

 

クレカの利用明細の表記で探偵だと分からないようにしている業者も少なくないですから、調査をしたことがパートナーに気付かれる恐れもありません。

 

 

 

クレジットカード加盟店になるには審査も必要ですし、それだけ信頼性も高いということです。

 

パートナーに不倫行為が発覚すると、相手から慰謝料を要求されることもあるでしょう。

 

 

不倫行為の証拠があれば、やっていた方は明らかに分が悪いです。

 

慰謝料の額は実際、引越代(60万程度)からその10倍くらいまでとかなりの違いがあります。

 

自分に払える額でなさそうだったら、現実的な支払額になるよう相談することもできます。探偵を雇って行う素行(不倫)調査には、成功報酬タイプもあることを覚えておくと良いでしょう。
こう聞くと、不倫の裏付けがとれなければタダで済んでラッキーと思うでしょうが、調査相手が不倫しているかどうかがハッキリしない場合や、日数の長期化があらかじめわかるケースでは受け付けてもらえないこともあるそうです。

 

 

 

また、調査員が浮気の裏付けをしっかりとってきた際、かなりの代金を請求されることがあるようですから、あらかじめよく確認しておきましょう。

 

 

探偵業者を選ぶなら、事前に評判をチェックすることが不可欠だと思います。

 

評価が芳しくない探偵では、請求される料金の明細が不明確だったり、いい加減な仕事で報告書をでっち上げるなんてことも、なきにしもあらずです。
少なくとも標準より高評価の事業者を選べば、法外な代金をとられることはないでしょうし、もちろん、浮気の追跡や行動調査なども手抜かりなく行ってくれると思います。不倫の調査を頼みたいけれど、離婚の準備をしているみたいで気が滅入る。意外とそんな人は多いです。
ただ、あまり深刻にとらえる必要は実際のところ、ないと思います。離婚裁判にせよ、浮気をやめさせるにせよ、動かぬ証拠を握っておいたほうが、絶対的に有利というものです。興味がなかったり直視する気がなければ、それはそれでいいのかもしれませんが、自分なりにケリをつけたいと感じたら、探偵調査を頼むことを視野に入れても良いのではないでしょうか。

 

よく不毛だと言われる不倫ですが、結末も様々です。
不貞行為を責められた挙句、家庭や交遊関係が滅茶苦茶になったとか、多額の養育費や慰謝料の請求に青息吐息なんてことだってあります。

 

そうかと思えば、離婚後に不倫相手と再婚する場合もあります。落ち着く先は色々ですが、めでたしめでたしと言えるエンディングは、求めてもムダというものでしょう。

 

探偵社への依頼の仕方は、まずは先に電話をかけましょう。

 

 

 

それがファーストステップです。電話を通した相談で感触が良く、詳細を打合せたいというときは、事務所まで出向くことになります。

 

そこで契約に必要な説明を聞いて、納得したら契約を締結し、そこでようやく、調査が始まります。
探偵を使ってまで浮気調査する必要があるのかと考える人は多いです。

 

 

けれども不倫というのは家庭の根幹を揺るがす問題で、女性の気配のないような会社でも放置していては、あとで泣くことになるかもしれません。
そういったところの方が、数少ない女性の存在というのは目立つものです。

 

挙動が不審で浮気の疑いがあるなら、探偵を使って調査してもらうと、正体のわからない不安に苛まれることもなく、精神的にも負担が少ないと思います。

 

 

浮気調査というものは、調査する相手と親しいほど尾行発覚のリスクが高いだけでなく、もし自分が冷静でもカッとした相手の行動に対処できない危険性もはらんでいます。その道の専門家である探偵なら、追尾や浮気の証拠集めに必要なノウハウも機材もあるので、自分でわざわざリスクを負うよりはるかにラクに不倫の証拠を得られるはずです。

 

浮気で生まれたいわゆる婚外子でも、認知を求めることは可能で、民法上でも認められた正当な権利です。一度認知させれば子供の養育費などを請求できるため、とても重要な手続きです。なかなか認知されない場合、家裁に訴えることもできます。
つまり子供ができてからでは遅く、その前に浮気をやめてもらわなければ家庭のライフプランが大幅に狂う被害も生じかねません。やはり不倫の証拠写真というと、交際相手と一緒にラブホから車で出てくるところなどは定番中の定番といえます。頑張れば自分でも写真を撮れそうな気がしますが、証拠としては使えないレベルである場合が多いようです。裁判所で証拠採用されるようなクオリティで入手したいのだったら、その道のプロである探偵に依頼するほうが確実だと思います。
探偵や興信所の調査員になるには特殊な資格は不要です。
ただ、浮気調査ひとつとっても、現場で最大限の成果をあげるためには、相応の能力や習熟が必要でしょう。
社員教育の徹底した会社を選ばないと、1日講習を終えただけのバイトさんが調査するなんてこともあるそうですし、安すぎるところは疑ってかかったほうが良いかもしれません。

 

金銭という対価に合った仕事ができる探偵に調査に入ってもらうことこそ、結果に繋がり、ストレスも最小で済むのです。
有名どころや老舗が最高だとかは言えませんけれども、探偵業界では大手業者に依頼すると損はないと思います。小さな事務所の中には、きちんとした探偵業務も行わずに高額な料金をとったり、費用の説明が不十分なところもあるからです。

 

また、営業所の相談員の態度なども依頼するかどうかの判断材料になるでしょう。